ノンシリコンシャンプーのおすすめは、成分比較で一番良いもの!

ノンシリコンシャンプーを選ぶなら、成分が一番よいものを選びましょう。

ノンシリコンシャンプーは、安心のイメージがありますが、刺激的な洗浄成分や防腐剤が入っているものが多いです。

含まれている配合成分を分析すれば、ノンシリコンシャンプーの洗浄力と刺激性がわかります。このサイトは、多くのノンシリコンシャンプーを成分鑑定しています。




多くのノンシリコンシャンプーを成分評価しています!(下表は一例です)


洗浄成分 刺激性のある合成界面活性剤 育毛成分 パラベン・強めの防腐剤・金属剤
総評

ハーブガーデン

なし

なし


オアシス天然シャンプー

なし

なし


凜恋(rinRen)

なし

フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

当サイトでは、上の比較表のように、洗浄成分、育毛成分、肌に悪い成分(パラベン・強めの防腐剤・金属剤)に着目して、25種類以上のノンシリコンシャンプーを成分鑑定しています。




ノンシリコンシャンプーのシリコンって何?

ノンシリコンシャンプーの「シリコン」って何でしょうか? 「シリコン」とはわかりやすくいうと、コーティング剤のことです。 コーティング=コートする、という意味ですから、「何かにおおいかぶせる」という意味ですね。

シリコンは、 シャンプーやスキンケア用品に配合することで、髪やお肌に膜をつくり、コーティングしてくれる効果があります。

リンスやコンディショナーにもよく使われていて 使い終わったら、感触がなめらかで、髪ツルツルですべりがよくなるのはこの効果ですね。
つまり、シリコンは、このツルツル感を演出する目的に使われています。

問題なのは、シリコンは使い続けることで髪や地肌に蓄積し、 毛穴をふさいだり、有効成分を吸収しにくくしてしまうデメリットがあることです。

シリコンが蓄積した頭皮は微生物による分解ができないので、頭皮の炎症や乾燥肌になる可能性があるという問題も抱えています。 そこで生まれたのが、シリコンが入っていないシャンプー=ノンシリコンシャンプーですね。

シリコンが含まれているといっても、配合量が多い場合はリスクが高いですが、配合量が少ない場合はリスクも少ないので、必ずしも悪いとはいえません。ですが、リスクのあるシリコンを使わなくても、髪をなめらかにしてくれる成分は他にもあるので、あえてシリコン入りのシャンプーを選ぶ必要はない、というのは本サイトの見解です。

長い間キレイな髪でいられるためにも、できるだけ安心安全で、長く付き合えるノンシリコンシャンプーを使っていきたいですよね。


ノンシリコンシャンプーを選ぶなら、他にも悪い成分が含まれていないかチェックして!

コーティング剤(シリコン)が含まれていないノンシリコンシャンプーを選んで安心してはいけません。
ノンシリコンは確かに頭皮にはいいですが、それ以外にも頭皮に悪影響を及ぼす成分はまだまだあります。
以下の3つの成分は要注意です。


 「石油系界面活性剤(ラウリル硫酸など)」が多く含まれていると、頭皮に必要な油分まで洗い落としてしまい、乾燥や炎症などのトラブルに繋がる

 「パラベン・強めの防腐剤」が多く含まれていると、頭皮のアレルギーや炎症を起こす

 「金属封鎖剤(キレート剤)」が多く含まれていると、頭皮の脂肪の代謝が悪くなる

せっかく安全なノンシリコンシャンプーを選ぶのですから、上記3つの成分のどれかが入っていたら、安全効果は台無しです。

本サイトでは、ノンシリコンシャンプーの中でも上記3つが含まれていないか成分チェックしているので、 変なノンシリコンシャンプーを選ばないためにも参考にしてみてください。


ノンシリコンシャンプーで人気のレヴールの成分は良くない?


近年、シリコン剤が入っていない「ノンシリコンシャンプー」が注目を集めています。 シリコンが髪や頭皮によくない影響を及ぼすことから、シリコン剤を配合していない安心、安全なシャンプーとして 多くのメーカーがこぞって発売しています。 いろいろな商品が出回っていますが、「ノンシリコン」を謳っているからといって安易に飛びつくのは大変危険です。 なぜなら、中にはシリコン剤は入っていなくても、危険な界面活性剤や刺激の強い洗浄剤などを配合しているものもあるからです。

人気のノンシリコンシャンプー「レヴ―ル」は、テレビCMもしていますし、 よい商品に見えますが、成分をよく調べてみると意外に刺激性の強い洗浄剤が配合されていることがわかりました。 レヴ―ルの洗浄成分は、ラウルス硫酸Naやスルホコハク酸、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEAです。 この中でもラウリス硫酸Na、スルホコハク酸は、大変強い洗浄成分として知られているもので、頭皮に強い刺激を与えます。 洗浄力は高いのですが、頭皮に必要な皮脂まで取り去ってしまい、乾燥を招くなど、頭皮環境を悪くしてしまいます。

また、「メチルパラベン」という防腐剤も含まれています。 ただし、パラベンの中では一番刺激が少ないものなので、それほど気にすることはないかもしれませんが、 毎日使うことで少しずつ蓄積され、人によっては皮膚炎やアレルギーを起こす場合もあり、頭皮の負担がかなり高くなります。

つまり、ノンシリコンだからイコール髪や頭皮に優しいシャンプーというわけではないことをしっかりと認識し、 シャンプーを選ぶ時は、しっかりと成分まで確認するこが大切です。


安いノンシリコンシャンプーは要注意


ここ数年で「ノンシリコンシャンプー」はすっかり浸透し、シャンプー売り場でもかなり大きな面積を占めており、 その種類も増えてきました。 ノンシリコンシャンプーは、シリコンを配合していないことから、頭皮や髪に悪影響がなさそうですが もし「ノンシリコン」=「良いもの」と思っているのなら、それは大きな間違いかもしれません。

しかも、それほど詳しい知識もないまま、ただノンシリコンがよいものだと思いこみ、 何の疑いもなく、信用してしまっている人が思った以上に多いのが現状なのです。 シリコン入りのシャンプーでも、シリコンはそれほどたくさん入っているわけではないですし、 そもそもシリコンはそれほど悪影響を及ぼすものではないのです。

それよりも、注意しなければいけないのは、洗浄剤。 洗浄剤は界面活性剤なのですが、中には刺激が強かったり、洗浄力が強すぎるものもたくさんあり、 シリコンなんて比にならないほど危険なのです。 特に避けたいのは、ラウレス硫酸系、ラウリル硫酸系などの成分だといわれています。 これらは、泡立ちがよく、洗浄力が強いだけではなく、安価で手に入るのが特徴のため、 低価格のノンシリコンシャンプーには、間違いなく使われています。

また、シリコンは比較的高価な成分なので、配合することで原価率が上がってしまうのも事実です。 そのため、シリコンを配合しないほうが売れるのなら、製造会社にとっては願ったり叶ったりだというわけです。 ノンシリコンにこだわりすぎて、他の刺激成分を見落とさないためにも、選ぶ時には必ず成分表を確認することをおすすめします。




ノンシリコンシャンプー成分鑑定

ノンシリコンシャンプー基礎知識

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
アスタリフトを体験!

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプーを徹底検証!トライアルキットのレポートを紹介します。

レポートはコチラ