トップページ >  ノンシリコンシャンプー基礎知識 >  ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーって何なの?いま注目されている理由をまとめてみた

ノンシリコンシャンプーが注目されてる理由まとめ

シリコンとは何か?


現在、シャンプーメーカーはこぞってノンシリコンのシャンプーを開発し、大量に販売しています。

世間ではノンシリコンのシャンプーがもてはやされ、それを多くの女性達が買い求めています。

気づけばドラッグストアのシャンプーコーナーでは、「ノンシリコン」を表記するシャンプーで埋め尽くされました。

そもそも、「シリコン」とは何でしょうか?

シリコンとは、ケイ素などを材料に作られる人工物で、自然界には存在していないオイルです。

このシリコンはシャンプーなどに配合されていると、髪のキューティクルに付着してコーティングする効果があります。シリコン入りのシャンプーを使った後、指どおりが良くなるのはこのためです。


シリコンシャンプーの問題点


シリコン入りのシャンプーを使うことで、確かに指どおりが良くなるので、髪がサラサラで綺麗になった気がします。

しかし、シリコンには髪のキューティクルを補修する効果はありません。
浸透して保湿する効果もありません。


そのため、傷ついたキューティクルはそのままになってしまいます。

髪の補修・内部保湿の効果がないシリコン入りのシャンプーを使い続けることで、気づかない内に髪が痛んでしまうのです。

切れ毛や枝毛も出てくるようになり、結果として髪の状態を悪くしてしまいます。

シリコンは化学成分なので、シリコン入りのシャンプーで髪を洗うと頭皮の上で化学変化を起こします。頭皮に負担をかけてしまうのです。


ノンシリコンシャンプーが髪に良い3つの理由



髪の痛み具合がわかる


シリコンが入っていないシャンプー、つまり「ノンシリコンシャンプー」は、シリコン入りシャンプーとは違って髪を洗うときしむ性質があります。

シリコン入りのシャンプーは指どおりを良くしてくれるので、それが配合されていないのですから当然です。

しかし、シリコンという人工物が配合されていないことで、髪の本題の状態を良く知ることが出来ます。

髪に触れてみて、どの程度痛んでいるのかがわかるのです。

それがわかれば、自分に合ったシャンプーやマッサージなど、ヘアケアの方法を探すことが出来ます。


化学反応が起きない


シリコン入りのシャンプーでは、髪を洗うと頭皮の上で化学反応が起きていました。

頭皮に刺激があるので負担をかけてしまいます。
場合によっては頭皮に痒みや炎症を引き起こすことがあります。

しかし、ノンシリコンのシャンプーではそうした化学反応が起きませんので、頭皮に負担をかけることはなくなります。



有効成分が浸透しやすくなる


シリコン入りのシャンプーでは、髪をコーティングする効果があります。

髪をコーティングすることで指どおりは良くなりますが、シャンプーの有効成分が浸透し難くなります。

せっかくよいコンディショナーを使っても、 全く浸透せず、逆に髪の痛みをさらに悪化させるかもしれないのです。

一方ノンシリコンのシャンプーには、髪をコーティングする成分は配合されていません。

そのため、シャンプーに含まれている有効成分が浸透しやすくなります。

髪の保湿や補修をしやすくなりますので、シャンプー後のリンスやコンディショナーなどがしっかりと効果を出してくれます。


ノンシリコンなだけでは良いシャンプーとは言えない


ノンシリコンには、シリコン入りにはない良い効果がたくさんあります。

そのため、シャンプーメーカーもノンシリコンのシャンプーを開発するようになりましたし、消費者にも注目されているのでしょう。

しかし、ただノンシリコンなだけでは、本当に良いシャンプーとは言えません。

ノンシリコンのシャンプーは髪をコーティングする効果がないため、リンスやコンディショナーをつけないと髪を痛ませてしまいます。

最近ではノンシリコンシャンプーの人気に便乗して、粗悪なシャンプーも増えているので注意が必要です。

シリコン剤が入っていなくても、価格の安い危険性の高い合成界面活性剤を配合しているものも少なくありません。

ですから、ノンシリコンを謳っているからといって安心するのではなく、洗浄成分の種類もしっかりとチェックすることが大切ですね。

シャンプーの主目的は汚れを落とすことですから、肌に優しいだけではなく、程良い洗浄力も必要です。

アミノ酸系の洗浄剤を配合したものを選ぶと、マイルドに汚れを落としてくれるのでとてもおすすめです。

ノンシリコンのシャンプーの特性を生かしながら、自分の頭皮や髪に合ったシャンプーを探してみましょう。

ノンシリコンであることと、洗浄剤に何を使っているのかに注目してみると、良いシャンプーに出会うことが出来ます。



アミノ酸系洗浄剤を使ったノンシリコンシャンプーおすすめ3選


アミノ酸系洗浄剤を使った、髪に優しいノンシリコンシャンプーをいくつかピックアップしてみました。

ハーブガーデン ハーブガーデンは、天然由来成分100%でできたノンシリコンシャンプーです。

洗浄成分も天然由来のアミノ酸。しかも、メチルアラニン系アミノ酸+ベタイン・ココイル系アミノ酸という洗浄力と保湿力を兼ね備えた理想的な配合であることが特徴です。
ノンシリコンであると同時に自然派のオーガニックシャンプーでもあり、パラベン・石油系界面活性剤・ラウリル硫酸・人工着色料・人工香料は含まれません。

主に植物由来の育毛成分もたっぷり含まれています。
シリコンなので、良い成分がしっかりと浸透してくれることも嬉しいですね。

洗いあがりのきしみも少ないので、ノンシリコン入門としては非常におすすめのシャンプーです。

ハーブガーデンの成分解析をチェック

マイナチュレシャンプーは、女性専用の育毛シャンプーとして人気です。

洗浄成分はこちらもアミノ酸系で肌に優しく、洗浄力も高い配合になっています。

また育毛シャンプーというだけあって、育毛成分が豊富に含まれていることも特徴です。

特にさいきん髪の量が減ってきた人、髪が細くなってきた人におすすめのノンシリコンシャンプーです。

マイナチュレシャンプーの成分解析をチェック

オアシス天然シャンプーも、アミノ酸系洗浄剤を組み合わせて使用しているノンシリコンシャンプーです。

とくに注目なのは、髪のエイジングケア成分の配合です。
オアシス天然シャンプーにはエイジングケア成分が18種類も含まれており、若々しい髪へと優しく導いてくれます。

価格がやや高めなのがネックですが、ヘアケア成分にこだわるなら買いと言えるシャンプーですね。

オアシス天然シャンプーの成分解析をチェック

まとめ

いかがでしたか?
ノンシリコンシャンプーにはさまざまなメリットがあります。

品質の良いノンシリコンシャンプーを選べれば、さらにそのメリットを伸ばすことができます。

ぜひシリコン以外の成分にも気を配ってみてくださいね。

シャンプー選びのお手伝いになれたら幸いです。


ノンシリコンシャンプー!

多くのノンシリコンシャンプーを成分分析しました!

ノンシリコンシャンプー成分鑑定

ノンシリコンシャンプー基礎知識

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
アスタリフトを体験!

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプーを徹底検証!トライアルキットのレポートを紹介します。

レポートはコチラ