トップページ >  ノンシリコンシャンプー基礎知識 >  シリコン類の一つ「水溶性シリコン」

シリコン類の一つ「水溶性シリコン」って何?



シリコンが利用されているシャンプーはたくさんありますが、その1つとして使われているのが水溶性シリコンです。名前だけを見れば、水に溶けるシリコンと考えればいいですが、これが何に利用されているのか、どのような効果を発揮しているのか、そもそも油なのになぜ水に溶けるのか、よくわからないかもしれません。実際にシリコンシャンプーを使う前にシリコンの性質について知っておくのがよいでしょう。

水溶性シリコンはなぜ溶けるのか

水に溶けると書かれているシリコンですが、シリコンは油なのでそのままでは水に溶かすことができません。そこで、シリコンに界面活性剤を結合させることで、水に溶けるようにしたものが「水溶性シリコン」です。名前のイメージから「水に溶けるシリコン」と思われがちですが、厳密には「水に溶けているシリコン」という意味です。

これをシャンプーに配合することで、さらさらの髪の毛を作り出すことができます。よく市販されているシャンプーには、洗浄力向上などの理由から、水溶性シリコンを採用していることが多いです。

水溶性シリコンのメリット

水溶性シリコンは、他のシリコンに比べて浸透しやすくなっており、髪の毛に対して悪い影響を起こしにくいところがメリットとなっています。通常のシリコンの場合は、使っているうちにどんどん毛穴を詰まらせてしまい、悪い方向に行きやすいことで知られています。水溶性シリコンの場合は、毛穴を詰まらせることがありませんので、安心して髪を洗うことができます。

頭皮に対して優しいシリコンであることがわかると思いますが、これも水に溶けている状態で使われているからこそできることです。塊のままなら、基本的に効果が出てくることはありませんし、どんどん毛穴が詰まってしまいます。水溶性シリコンを、界面活性剤でしっかり溶かしているからこそ、頭皮を安心して洗うことができて、しかも汚れもしっかり取り除けるようにしているのです。

このように、洗浄力を高めること、そして髪の毛の状態を良くする効果を持っている水溶性シリコンですが、実は良いことばかりではありません。当然悪い部分もあるので、しっかりと把握してから利用することになります。

水溶性シリコンのデメリット

シリコン全体に言えることですが、洗浄力が非常に高くなってしまうことで、どんどん頭皮を痛めてしまうことがあります。水溶性シリコンは、その中でも刺激が小さいものになっていますが、使っているうちに徐々に劣化させてしまうことがあり、頭皮を固くする問題があります。頭皮の状態が悪くなってしまうと、髪の毛が生えてこなくなるので、育毛などには悪い効果を持っています。

もう1つの問題点は、界面活性剤自体があまりいいものではなく、これも頭皮に悪影響を与えてしまいます。界面活性剤は水溶性シリコンの前提とも言うべき物質なので、水溶性シリコンを使用する際には界面活性剤の使用も避けられません。

シリコンの入っているものは、髪の毛に対してはいい効果を持っているものの、頭皮に対してやや厳しい刺激を与えることが多くなります。水溶性シリコンのデメリットは小さめではありますが、それでも長期的にみたときに頭皮や髪の毛の健康を損なう恐れがあることは否めないでしょう。

ノンシリコンシャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーを使うメリットがおわかりいただけたでしょうか。

ただ最近ではノンシリコンシャンプーの人気に便乗して、粗悪なシャンプーも増えているので注意が必要です。

シリコン剤が入っていなくても、価格の安い危険性の高い合成界面活性剤を配合しているものも少なくありません。

ですから、ノンシリコンを謳っているからといって安心するのではなく、界面活性剤の種類などもしっかりとチェックすることが大切です。

成分でノンシリコンシャンプーを選ぶなら、以下の3点をチェックしてみてください。

頭皮に優しく、洗浄力もある洗浄成分(アミノ酸系がおすすめ!)
髪や頭皮を元気にする育毛成分を配合
刺激的な活性剤・パラベン・防腐剤等を含まない


これらの条件を満たすおすすめのシャンプーをいくつかピックアップしてみました。

ノンシリコンシャンプーおすすめ3選

ハーブガーデン ハーブガーデンは、天然由来成分100%のオーガニックシャンプーです。

パラベン・石油系界面活性剤・ラウリル硫酸・シリコン・人工香料などはすべて含まれません。
ノンシリコンであると同時に、自然派で肌と環境に優しいシャンプーでもあります。

特に優秀なのは洗浄成分
メチルアラニン系アミノ酸+ベタイン・ココイル系アミノ酸という組み合わせなのですが、これは洗浄力も保湿力もある理想的な配合です。

植物由来の育毛成分も非常に豊富で、成分バランスはピカイチと言ってよいでしょう。

高品質なノンシリコンシャンプーを使いたいという方にはぜひ試してほしいシャンプーです。

ハーブガーデンの成分解析をチェック

マイナチュレシャンプーは、女性向け育毛シャンプーとして人気です。

こちらもシリコンだけではなく、石油系界面活性剤などの化学合成物質を全く使用していません

洗浄成分はアミノ酸系で肌に優しく、洗浄力も○。
自然由来の育毛成分も豊富に含まれているナチュラル派シャンプーです。

髪のコシがなくなってきた、髪が細くなってきた...など、頭皮のお悩みを抱えている女性には特におすすめです。

マイナチュレシャンプーの成分解析をチェック

オアシス天然シャンプーも、洗浄成分・育毛成分ともに優秀です。
刺激性の強い成分なども入っていません。

中でも注目なのは、髪のエイジングケア成分が多数配合されていることです。
話題のDNA修復成分「AC-11」をはじめ、18種類のエイジングケア成分がサロン帰りのような髪へと導いてくれます。

価格がやや高めなのがネックですが、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使えるシャンプーですので、成分にこだわるならそこまでコスパは悪くないと言えるでしょう。

オアシス天然シャンプーの成分解析をチェック

まとめ

水溶性シリコンは、よくシャンプーに利用されています。特に市販で安く販売されているもののほとんどはシリコン入りシャンプーです。

シリコンは髪をきれいに見せてくれます。しかしそれは髪の表面をシリコンでコーティングしているだけで、髪そのものが健康になっているわけではありません。デメリットは控えめの水溶性シリコンでも長期的に使用すると頭皮を痛めることがありますので、しっかりと性質を理解したうえで使用するかどうか決めましょう。


ノンシリコンシャンプー!

多くのノンシリコンシャンプーを成分分析しました!

ノンシリコンシャンプー成分鑑定

ノンシリコンシャンプー基礎知識

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
アスタリフトを体験!

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプーを徹底検証!トライアルキットのレポートを紹介します。

レポートはコチラ