トップページ >  ノンシリコンシャンプー基礎知識 >  シクロメチコンってどんな成分?

シクロメチコンってどんな成分?

「シクロメチコン」ってどんな成分?  シリコンの正式名はシリコーン(silicone)です。シリコーンはシロキサンが結合した珪素原子と有機基が結合した有機珪素高分子化合物で、原料は珪素とメタノールです。珪素自体は地球で二番目に多い元素なので、手に入りやすい原料だと言えます。

 シリコンは化学的に高温に耐えられる構造になっているため、安定性に優れ多分野で定評があります。これに対してシリコン(silicon)は半導体開発時に使われる金属の珪素です。

シロキサン結合は、ガラスや石英などの無機物と同じ構造で、有機ポリマーの主鎖であるC-C結合やC-O結合よりも結合エネルギーが非常に大きいのです。そのため、200℃という高温になってもその結合が壊れることがなく、化学的に安定しており、耐熱性、耐候性に優れているのです。

 今回は一般的に活用度が高い珪素とメタノールの方をシリコンと言う呼び名に統一して説明します。


シリコンってどんな種類があるの?

 シリコンは大きく分けると「シリコン油」と「揮発性シリコン」と「水溶性シリコン」の三種類になります。

 「シリコン油」の代表は「メチルポリシロキサン」、「オクタメチルトリシロキサン」などですが、特徴は撥水性や潤滑性に富み、溶解性に乏しい事です。

 「揮発性シリコン」は別名[環状シリコン]とも言いますが、代表は「デカメチルシクロペタシロキサン」「オクタメチルシクロテトラシロキサン」などで、 揮発性や撥水性があり、シリコン油より溶解性が高めです。

 「水溶性シリコン」はシリコンが水に溶けやすいように界面活性剤を結合させたものです。水で流しやすいのでシャンプーなどに使われやすいのですが、頭皮や髪に残る事がないので重宝する成分だと言えます。

 よくシャンプーやリンスなどの容器の裏に成分が表記してありますが、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという成分はシリコンの一部です。シリコンは髪に皮膜を作りますが、傷んだ髪を補修する働きはありません。


シクロメチコンはどんな特徴があるの?使われている物は?

 シクロメチコンを化粧品やシャンプーなどに配合すると広がりやすく皮膚をすべすべした感触にしたり、髪をさらさらな状態にします。

 紫外線や熱に影響される事が少ないので、シリコンアレルギーを持った人でも安心して使えるのが特徴です。使っても髪や皮膚に残る事がありません。

皮膚の専門化がメディカルコスメスキンケアの為に作った化粧品にも使用される成分がシリコーン【シクロメチコン】です。 現在、国が認可している非常に安全性の高い無公害ドライクリーニング有機溶剤です。

 シクロメチコンは環状シリコンの一種ですが、配合された商品を使い続ける事によって徐々に効果を表すタイプです。無色で透明、無味無臭で撥水性があり、撥水性や保護効果が高いと言われています。

 肌の乾燥を防ぐ効果があり、さらっとした使い心地なので肌についてもベタベタしません。ウォータープルーフの化粧品や日焼け止めに使用される事が多く汗や水に強い特性を持つので、夏の紫外線が強い時期には特に活躍します。

 長時間オイルがお肌や髪の表面に付着するのを防ぐ作用もあります。そのため、「オイルフリー」を謳っている製品にオイルの代わりとして配合されたり、サラサラ感を重視したヘアケア剤や乳液のほか、自然派・天然派のスキンケア用品に使用されることも多いようです。 特に濡れた髪につけることでクシ通りを格段に改善してくれる作用はシリコンの中でも断トツです。

 肌を外界からの刺激から守り、埃や雑菌の侵入を防ぐ働きがあるため、肌の状態を良好に保つ効果が期待出来ます。


シクロメチコンの短所とは?

 今話題になっているのはノンシリコン製品です。今まで市販のシャンプーやコンディショナーの殆どがシリコン入りなのでシクロメチコンが含まれている製品も多く出回っている事になりますが、ヘアスプレーなどを取り扱う時は慎重にしなくてはなりません

 ノンシリコンの方がシリコン入りに比べて髪や地肌に良いと言う説もあり、徐々にその存在が広まってきています。シクロメチコンはその粒子が小さく軽めに出来ているので、使った後空気中に浮かぶ特徴があります。

 ファンヒーターやエアコンをつけた部屋でシャンプー後の髪の毛を乾かす時ヘアスプレーをすると、中に含まれたシクロメチコンがファンヒーターやエアコンに付いて不具合を起こす例があります。

 シクロメチコンは揮発性シリコンの一種なので、電化製品の熱で揮発しやすくなっていて、それが原因で壊れやすくなります。シリコン入りシャンプーが問題になるというよりも、ラウリル硫酸や界面活性剤が入っているかどうかチェックする必要があります。

石油ファンヒーターでは炎検知器とバーナの間を流れる微量な電流を測定し、燃焼状態を常に監視しています。 シリコーン等配合の製品を石油ファンヒーターと同時使用された場合、飛散・蒸発したシリコーン等が燃焼用空気と共に燃焼室内部に入り込み、高温によって「シリコン酸化物(白色の粉)」として炎検知器に付着します。シリコン酸化物は高温でも分解されにくく、一度付着すると自然には取れません。また、電気絶縁性が高く、電気の流れを阻害して安全装置が異常と判断し運転を停止させます。
引用元:CORONA

 また、シリコンは髪に皮膜を作りますが、すでに傷んだ髪を補修する働きはありません。シリコンは膜を作るため、頭皮を塞ぎ必要な成分も髪の毛に届かなくなってしまう可能性もあります。

 傷んだ髪を修復したい方は、天然由来の洗浄成分を使用しているノンシリコンシャンプーを使用することをオススメします。加水分解エンドウタンパクは天然のシリコン成分と呼ばれ、天然成分でありながら髪の毛の指通りをよくしてくれます


髪の毛がサラサラになるノンシリコンシャンプーの選び方

 髪の毛に優しいシャンプーを選ぶなら、天然由来の洗浄成分を使用しているノンシリコンシャンプーを選ぶことがポイントです。

 シリコンは髪の毛に膜を作ってくれるため一見ツルツルで滑りやすい髪の毛を作ってくれますが、すでに蓄積しているダメージを修復する力はありません。髪の毛の芯から補修したいのであれば、補修成分の入ったノンシリコンシャンプーを選びましょう。

 補修成分としては、アミノ酸や植物由来の成分が挙げられます。加水分解エンドウタンパクは髪の毛の指通りをよくしてくれるため、シリコンを使用しなくてもサラサラの髪の毛にすることができます

 髪の毛へのダメージは毎日溜まるものなので、シャンプーもダメージ補修効果のあるものを継続して使用したいです。ノンシリコンシャンプーを選ぶときは、価格が安いかどうかもチェックしましょう。

 また、頭皮に悪影響を及ぼす成分はシリコンだけではありません。「石油系界面活性剤(ラウリル硫酸など)」「パラベン・強めの防腐剤」「金属封鎖剤(キレート剤)」は頭皮に必要な油分まで洗い落としたり、頭皮のアレルギーや炎症を起こす可能性があります。

 ノンシリコンシャンプーを選ぶときは、「石油系界面活性剤(ラウリル硫酸など)」「パラベン・強めの防腐剤」「金属封鎖剤(キレート剤)」が含まれていない、天然由来の洗浄成分を使用しているものを選びましょう。


髪の毛がサラサラになるノンシリコンシャンプーを比較

 髪の毛をサラサラにするシャンプーを選ぶのであれば、天然由来の洗浄成分を使用しているノンシリコンシャンプーが効果的です。今回は、育毛成分の入ったノンシリコンシャンプーを比較してみました。

 「ハーブガーデン」はアミノ酸系洗浄成分を使用した頭皮に優しいノンシリコンシャンプーです。髪の毛を補修する植物成分も入っているため、髪の毛をサラサラに保ちたい方に一押しのシャンプーといえるでしょう。

洗浄成分 刺激性のある合成界面活性剤 育毛成分 パラベン・強めの防腐剤・金属剤
総評

ハーブガーデン

なし

なし



ミノン ヘアシャンプー

なし

なし


オイリム シャンプー

なし

メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、BHT、イソプロパノール、ヒドロキシアニソール


アロマキフィ シャンプー コンディショナー(しっとり)ティートリー&メリッサ

なし

フェノキシエタノール


ナデシコシャンプー

ラウレス硫酸Na

EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くのノンシリコンシャンプーを一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類のノンシリコンシャンプーの全成分調査表はこちら。



シクロメチコンについてまとめ

 シクロメチコンはシリコンの中では比較的安全性が高く、シャンプーや化粧品など様々なところで使用されています。髪の毛のクシ通りがよくなるのが最大の特徴です。

 しかしシリコン自体が頭皮を塞ぎ必要な栄養素が髪の毛に届きにくくしてしまう性質があるため、傷んだ髪の毛の補修も兼ねるなら補修成分の入ったノンシリコンシャンプーを選んだほうがいいといえるでしょう。



ノンシリコンシャンプー!

多くのノンシリコンシャンプーを成分分析しました!

ノンシリコンシャンプー成分鑑定

ノンシリコンシャンプー基礎知識

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
アスタリフトを体験!

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプーを徹底検証!トライアルキットのレポートを紹介します。

レポートはコチラ